クラウドワークス

初心者向け|クラウドワークスの自己PRをとことん解説してみた|テンプレあり

こまったちゃん

クラウドワークスのプロフィールの自己PRってどんな風に書けばいいのかな?初心者だし分からないよ……。テンプレがあったら助かる!

こんなお悩みにお答えします。

✔本記事の内容

  • 自己PRの書き方の手順とコツ
  • 自己PRのテンプレ
  • ほかのプロフィールの書き方
  • プロフィール以外で注意すべき点

✔本記事の信憑性

これからクラウドワークスでライティングを始める方であれば、自己PRに何を書くべきか迷うものです。

今回は、2019年からクラウドワークスを使っている私が、クラウドワークス・Webライター初心者にむけて、自己PRの書き方の手順やコツをわかりやすく解説します。

本記事を読むことで、ライターとして気を引き締めるきっかけにもなります。

ぜひ最後までご覧ください。

この記事は、クラウドワークスを使い始めたばかりの方向けのものです。

クラウドワークスのプロフィール・自己PRが大切な理由

企業が在宅ワーカーを選ぶ上で重視している点は「能力や責任感」です。

当該案件について、以下の点をみています。

  • どの程度のスキルがあるのか
  • 責任感をもって仕事ができるか
企業が在宅ワーカー(クラウドソーシング含む)を選ぶ基準

(引用:在宅ワークに関する調査データデータでわかる発注の状況「発注者編」|HOME WORKERS WEB)

ほかにも、仕事への意欲・積極性も高い割合に。

上記の点から、クラウドワークス初心者でも、スキルはもちろん、仕事への情熱や行動が見られれば、採用の可能性もあるといえます。

在宅ワーカーの採用基準は、プロフィールや提案文の内容、Web面談です。

クラウドワークスのプロフィールや提案文を修正していくことで、発注者の目に留まるかどうかがわかります。

以前プロフィールに経歴を載せていたところ、お世話になっている発注者さんから「プロフィールを見たのですが○○の案件もお願いできますか?」とお声がけいただきました。

プロフィールは大切だとあらためて感じた瞬間でした。

クラウドワークスの自己PRの書き方・手順2つ

自己PRでは、発注者の重視する「能力や責任感」を前面に出しましょう

それらを表現するための手順は、次の2つ。

  • 自分の経歴・好きなこと・体験を紙に書く
  • そこから学んだこと・強み・取得した資格も書く

紙に書き出すことで、自分の強みを把握できます。自己PRだけではなく、ジャンル探しでも活かせますよ。

1.自分の経歴・好きなこと・経験を紙に書く

まずは、自分の経歴や好きなこと、経験を紙に書いてみましょう

ほかにも、次のようなことが挙げられます。

  • インテリアが好きでSNSで発信している
  • 学生の頃からApple製品が好きで友人におすすめを教えていた
  • 2人の子どもがいて家事におわれている

ポイントは、仕事から自分の習慣まで書き出すこと。自分の可能性が広がるので、おすすめです。

2.そこから学んだこと、強み、取得した資格も書く

1から学んだことや強み、取得した資格も書きます

たとえば、塾講師も「英語の知識がある」だけでは収まり切りません。無限に出てくるので、時間をかけて書き出しましょう。

面倒な作業ではあります。ただ、今後営業していく上で「自分の強み」を知っておくことは大切です。

最後に書き出したことを、自己PR文に反映させます。

クラウドワークスの自己PRのコツ4つ

さらに自己PRに磨きをかけるために、TOP PRO CWに掲載のライター部門35名のワーカーから、初心者でも使えそうなコツを探してみました。

  • ご覧いただきありがとうございます
  • 名乗る
  • 適度に改行する
  • 【】などを使う

見やすさや丁寧さにも配慮して、自己PRを仕上げていきましょう。

クラウドワークスの自己PRテンプレ|解説あり

手順とコツをふまえて、Webライターの自己PRのテンプレートを私が考えてみました。

ほんの一例にはなりますが、ぜひお役立てください。上記の手順で書き出したものは赤色で示しています。

ご覧いただきありがとうございます。
○○と申します。30代女性・東京都在住です。

【職務経歴】
・2018年7月~2020年6月 塾講師

・2020年10月~現在 保険会社の事務員

・2021年4月~ 副業でWebライター

【可能なジャンル】

・英語/語学/留学/教育

大手塾にて3年間英語を教えた経験があります。英語の知識を活かして教育メディアでの執筆可能です。

さらに自身の留学経験(1年)から留学のカウンセリングも任されていたので、留学向けの記事執筆もできます

・お金/保険/節約

本業は生命保険会社の事務員です。学生時代に簿記2級を取得しており、実際の現場で活かせています。

FP3級も1年前に取得しました。生命保険の最新の動向も把握しつつ、記事執筆できます。

さらに、月収の40%を貯金しています。SNSで情報収集しながら、最適解を見つけています。

・恋愛/マッチングアプリ

半年前からマッチングアプリを利用しています。友人との話題にもなっています。女性にとって良い男性の特徴やマッチングアプリ事情も執筆できます。

→(解説)可能なジャンルとその理由が明確。能力がわかる。

長期的にwebライターとして活動していく予定です。他のジャンルにも積極的に取り組んでいきます。

【強み】

事務員で培った正確さが武器です。納品前にツールでの推敲を徹底します。

さらに、頂いたFBをまとめたり本を読んだりして「読まれる文章」つくりに努めます。

→(解説)未経験者だが、学ぶ姿勢が見られる。責任をもって仕事をしてくれると期待できる。

【資格】
FP3級、簿記2級

以上

最後までお読みいただきありがとうございます。

どうぞよろしくお願いいたします。

そのほかクラウドワークスのプロフィールの書き方|受注者情報

クラウドワークスのプロフィール編集画面には、次の15項目が表示されます。

クラウドワークスのプロフィール編集画面

本記事では、オレンジ色の5つの項目について解説します。

ワーカー情報

ワーカー情報で登録するのは、以下の13項目。

入力することで、案件を依頼できるかどうかの目安を示せます。

  • 職種
  • 仕事カテゴリ
  • ステータス
  • 稼働可能時間/週
  • 時間単価
  • 年齢層を公開する
  • 自己PR
  • Twitterアカウント
  • GitHubユーザー名
  • 出身地
  • 大学院など
  • 大学・専門学校
  • 高校・高専
クラウドワークスのプロフィール編集画面のワーカー情報

職種

Webライターの方は、メイン職種として「ライター・記者」を選びましょう

加えて、サブカテゴリも忘れずに。

  • ライター・編集
  • コピーライター
  • 編集者・雑誌編集者
  • 書籍編集者・ブックライター
  • テクニカルライター
  • 翻訳者

サブカテゴリでは当てはまるものすべてにチェックを入れましょう。発注者へのアピールになります。

仕事カテゴリ

仕事カテゴリでは、該当するものすべてを選びましょう

どのようなライティングに対応可能か、イメージが湧きやすくなります。

  • ブログ記事作成
  • レビュー・口コミ
  • 記事・Webコンテンツ作成
  • 文書作成
  • 編集・校正・リライト
  • セールスコピー・セールスレター
  • シナリオ作成・脚本制作・小説作成
  • インタビュー・取材記事作成
  • 書籍編集・雑誌編集
  • メルマガ・DM作成
  • その他(ライティング)

各カテゴリの仕事内容を把握して、チャレンジするものを選びましょう。

ステータス

ステータスは、そのときの状況に応じて適宜変更しましょう。

  • 対応可能です
  • 仕事内容によります
  • 忙しいです

稼働可能時間/週

1週間あたりの稼働可能時間は、次の5つから選択します。

  • 10時間以下
  • 10時間~20時間
  • 20時間~30時間
  • 30時間~40時間
  • 41時間以上

時間単価

1時間あたりいくらで対応できるのかを入力します。

私の経験上、プロジェクト(固定報酬制)をメインに受注するのであれば、時間単価は適当な数字(ex.1000円)で良いと思います。

※プロジェクト(固定報酬制)……1納品物にたいして報酬が支払われるもの。

年齢層を公開する

年齢層を公開するかどうかを選択します。

年齢層にかんしても、案件によっては募集要項で「年代・年齢を教えてください」と要求してくることもあります。

公開するか、しないかは個人の好み、程度でとらえてもいいかと思います。

参考情報

任意で、大学院や大学、高校などを入力します。

スキル登録・スキル検定

次にスキルを登録しましょう。記載することで、仕事を任せられるかの目安になります。

クラウドワークスのプロフィール編集画面のスキル登録
  • スキル名
  • レベル
  • 経験年数
  • 備考

を記載しましょう。

備考は任意です。自己PRでくわしく書いた方は、簡潔に書く程度でいいと思います。

ポートフォリオ・経歴登録

さらに、ポートフォリオ・経歴も登録します。

執筆経験のない方は、ポートフォリオは書けないので、書かなくても問題ありません。

ただ、適宜更新して「このような記事を書ける」とアピールしていきましょう。

提案文にもこだわろう!プロフィールがすべてではない

プロフィールだけではなく、提案文にもこだわることをおすすめします。提案文にも、発注者の重視する「能力や責任感」は反映できます。

具体的なコツは、次の2つです。

  • メディアを把握しKWを決定
  • 構成を作り一部を執筆する

※受注を増やす提案の仕方は、次の記事でくわしく解説しています。1分あれば読めますので、ぜひご覧ください。

実体験|webライターの受注を増やすたった一つの方法|返報性の原理受注を増やすコツは、メディアに沿った構成を考えたり執筆したりしたものを送付することです。返報性の原理を利用したもので、私も実際に使用しスランプから抜け出せました。...

まとめ|自己PRをみれば「あなた」がわかる

自己PRは、以下の点に注意して記載しましょう。

  • 自分の経歴・好きなこと・体験を紙に書く
  • そこから学んだこと・強み・取得した資格も書く
  • ご覧いただきありがとうございます
  • 名乗る
  • 適度に改行する
  • 【】などを使う

テンプレは自分用に修正して、ぜひ使ってみてください。

応募の際には、提案文に自分の強みを反映させることをおすすめします。