webライター

Webライティングでリサーチ力をつけるコツ4つ|実践したら評価が上がった

こまったちゃん

リサーチが苦手なんだよな……リサーチ力をつけてクライアントからの評価を上げたい!

こんな疑問にお答えします。

✓本記事の内容

  • Webライティングでリサーチ力をつけるメリット
  • リサーチ力を身につけるコツ4つ
  • 見逃せない!リサーチ後、納品時の注意点

✓本記事の信憑性

Webライティングにおいてリサーチは命です。徹底的にリサーチされた記事は、クライアントからの高評価につながります。

実際に私も「情報が網羅されている」と、企業様からお褒めの言葉をいただいています

今回は執筆内容のリサーチのコツ3つを、ご紹介します。

本記事は「執筆内容」のリサーチ向けです。

構成作成のためのリサーチ(KW選定、顕在ニーズ・潜在ニーズをくみ取る、など)ではありません。

Webライターをしている方や、リサーチが苦手な方はぜひお役立てください!

Webライティングでリサーチ力をつけるメリット3つ|クライアントからの評価◎

Webライティングでリサーチ力をつけるメリットは、次の3つ。

  • 説得力のある文章が書ける
  • 執筆スピードが速くなる
  • 主観的な内容にならない

リサーチ力をつけることで、クライアントからの評価アップにつながります

説得力のある文章を書ける

リサーチ力が備われば、説得力のある文章を書けます

読者が「そうなんだ!」と納得できれば、問題解決につながることに。結果として、サイトのリピータにもつながるのです。

たとえば以下の内容を書くと、仮定しましょう。

朝は勉強に最適な時間帯です。早起きして勉強しましょう。

この例では、次のようなリサーチ内容が思い浮かびます。

  • 朝の集中力が上がる理由
  • 具体的な時間(6時~7時、など)
  • 著名人も取り入れている事例

リサーチ内容を加えると、説得力のある文章の完成です!(リサーチした部分

朝は勉強に最適な時間帯です。

朝に集中力が上がることは、脳科学で実証されていること。

大脳の扁桃体が活性化し、記憶力が定着しやすくなります。

朝6時~7時の間が、もっとも扁桃体がはたらく時間帯です。

さらに朝特有の「締め切り効果」も見逃せません。

「8時までに家を出なきゃ」との気持ちが、より集中力を加速させます。

○○、△△も取り入れています。

勉強をしたい方は、ぜひ朝時間を有効活用しましょう。

リサーチ力をつければ、説得力があり読み応えのある記事に仕上がります。

執筆スピードが速くなる

執筆スピードが速くなるメリットも。

「書くべき内容」が明確なので、必然とタイピングがはかどります。

↑の例だと次のような「書くべき内容」があるだけで、執筆が楽になります。

  • 大脳の扁桃体で記憶力が定着する
  • 朝7時~8時に効果的
  • 締め切り効果も関係している
  • ○○、△△も実践している

「執筆スピードが上がらない」と悩んでいる方は、リサーチが足りない可能性があります。

リサーチ時間を多めに取ってみましょう。

主観的な内容にならない

リサーチ力があれば、主観的な内容になりません

「リサーチできている」とは、データがそろっている状態です。権威性・信頼性をベースに執筆できます。

「私は~」「~と思います」「~でしょう」との主観的な内容が入ることで、次のような問題が発生しかねることに。

  • 説得力に欠ける
  • 事実ではないことを発信してしまう
  • 人それぞれ解釈が異なるので、炎上の可能性がある

リサーチ力を身につければ、自信を持って発信できますよ!

Webライティングでリサーチ力をつけるコツ4つ

Webライティングのリサーチ力を身につけるコツは、次の4つ。

  • 案件・ジャンルごとにまとめておく
  • 信頼性のあるリサーチ先を知っておく
  • 「KW go.jp」「KW or.jp」で調べる
  • 事前に本を読む

とくに初めてのジャンルであれば、リサーチに時間がかかるものです。コツを押さえることで、納品スピードも上がりますよ!

案件・ジャンルごとにリサーチ内容をまとめておく

案件・ジャンルごとにリサーチ内容をまとめてみましょう

どのサイトでどのような内容を把握できるか」をまとめることで、次の記事に応用可能です。

たとえば生命保険料の平均データを、「公益財団法人生命保険文化センター」から得たとしましょう。

そこでGoogle documentやEvernoteなどに、まとめます

Evernoteの例

「ほかにも○○のデータあり」などとまとめておくことで、「生命保険文化センターにはだいたい○○なデータがあるんだな」とわかります。

この方法は将来、同じジャンルの他案件にチャレンジする際にも役立つことです。

おおよそのリサーチ元がわかれば、取り組みやすくなりますよ!

信頼性のあるリサーチ先をまとめておく

信頼性のあるリサーチ先をまとめておくのも、おすすめです。時短になります。

たとえば保険の記事を執筆していると、仮定しましょう。次のような信頼性のあるサイトが見つかります。

なお各分野で信頼性・権威性のあるリサーチ先一覧は、こちらをご覧ください

政府や○○法人以外に信頼性のあるサイトについては、まよまよ社長さんがツイートしています↓

「KW go.jp」「KW or.jp」で調べる

ちょっとしたテクニック編です。

調べたいKWに、go.jpやor.jpをつけることで、信頼性のある情報を見つけやすくなります。

たとえば「生活習慣病 or.jp」と調べると、1位に全国健康保険協会、4位に日本医師会のページが出てきます

「生活習慣病 or.jp」の検索結果

このテクニックを押さえておくと、いちいち「厚生労働省のサイトにアクセスしてから○○のデータを探す」との手間が省けますよ!

事前に本を読む

時間のある方は、事前に本を読むこともおすすめです。

全体像を把握することで、「何をリサーチすべきか」が分かりやすくなります。とくに税金や保険、不動産など「昔から制度・仕組みが変わらないもの」での下調べに適しています

具体的な方法は、次の2つです。

  • 図書館で借りる
  • 本を購入する

私の経験上、制度・仕組みなどを知る分には図書館でも十分です。昔から変わらないものは、発行時期が古くても問題がありません。

リサーチ後、納品時の注意点|情報元は提出しよう

納品時には情報元を提出しましょう

「どのサイトから探したか」を提示することで、クライアント側のチェックの負担を減らせます

情報元の提出については、藤原将さんの著書でも納品後にすべきこととして記載があります。

記事制作時に参照した情報ソースを文書にまとめて提出

「文章起業」で月100万円稼ぐ!|藤原将、大和出版、196ページ

具体的な方法は、次の2つです。

  • WordやGoogle ドキュメントのコメント機能を使う
  • 記事下にまとめてURLをはる

なお資料が何ページもある場合には、「3ページ」などとページ数も報告しましょう!

まとめ|いざ!リサーチ苦から脱出

リサーチ力をつけるコツは、次の4つです。

  • 案件・ジャンルごとにまとめておく
  • 信頼性のあるリサーチ先を知っておく
  • 「KW go.jp」「KW or.jp」で調べる
  • 事前に本を読む

リサーチを入念に行うことで、記事に厚みが増します。

ただしリサーチをしすぎて、論点から遠ざからないようにしましょう。伝えたい内容がブレてしまえば、本末転倒です。

次回からリサーチ力をつけるコツを実践して、自信を持って納品しましょう!