webライター

あなたは本当に副業でWebライターを始めて大丈夫?|向いている人を解説

こまったちゃん

副業でWebライターをはじめたい!メリットやデメリットを知って、自分に向いているか判断したいな……。

こんな疑問にお答えします。

✔本記事の内容

  • 副業でWebライターをするメリット・デメリット
  • Webライターに向いている人
  • ブログ・アフィリエイト、動画編集との違い(体験談あり)
  • 始め方
  • おまけ|案件の探し方

✔本記事の信憑性

「毎月2万円でも3万円でも収入を増やしたい」「スキルアップのために挑戦したい」

副業でWebライターにトライしようと考えている方は、多いのではないでしょうか。

今回は、Webライターの仕事内容や、副業としてはじめるメリット・デメリット、向いている人などを、Webライター2年目の私が解説します。副業で始めるべきか悩んでいる人には、参考になるかと思います。

ぜひ最後までご覧ください。

Webライターとは?仕事内容・必要なスキル

Webライターとは、Web上にあるニュースやコラム、インタビュー記事などの構成作成や記事執筆をする人のことです。

Webライターの仕事内容

Webライターのおもな仕事内容・流れは、次のとおりです。

  • キーワード選定もしくは、発注者からKWを与えられる
  • KWを検索してペルソナやユーザーニーズを調べる※
  • ※を構成に当てはめて作成する
  • 文章を執筆する
  • 納品し修正があれば対応する

発注者によっても仕事内容は異なります。たとえば、次のような案件です。

  • 画像選定
  • WordPressへの入稿
  • 取材・インタビュー
  • 作成済みの構成が渡され執筆のみ

「Webライター」とひとことで言っても、案件によって仕事内容はまったく異なります

ジャンルも法律や金融などの堅苦しいものから恋愛・ライフスタイルまでさまざま。

一つとして同じお仕事がないのも、Webライターの魅力です。

Webライターになるためのスキル

Webライターになるには、特別なスキルは必要ありません。ただし、次のようなスキルは求められます。

  • SEO(Googleなどの検索エンジンで上位表示されるようにするテクニック)
  • リサーチ力
  • 物事を「結論→理由」の順に論理的に執筆するスキル(PREP法) など

上記のスキルは、Webライティングの本を読んだり、発注者のマニュアルやFBから学ぶことが多くなります。

独学だけではなく、Webライティングのオンラインスクールに通う方法もひとつの手です。

副業でWebライターをはじめるメリット3つ

副業でWebライターをはじめるメリットは、次の3つです。

  • 初期費用が安い
  • スキマ時間に取り組める
  • 本業のスキルを活かせる

メリットが分かれば、ほかの副業との違いもハッキリと分かります。ぜひ押さえておきましょう!

初期費用が安い

1つ目は、初期費用が安いこと。お手持ちのPCがあれば、案件に応募してWebライターとしてお仕事をスタートできます。

費用がかかるとしたら、次の2つぐらいです。

  • 勉強のための書籍代
  • オンラインスクール受講料

ちなみに私はPC1つでスタートし、Webライティングの本を買い始めたのは、受注し始めてからでした。

スクールを受講するとなると話は別ですが、初期費用が安く抑えられるのは、副業を始める上で嬉しいポイントですね。

スキマ時間に取り組める

スキマ時間にできるのも、Webライティングの良いところ。通勤中やお昼休みの10分、20分や就寝前の2時間にPCさえあれば、執筆を進められます。

たとえば、次のようなルーティンが作れます。

  • 朝の電車内、仕事の合間にリサーチを進める
  • 帰りの電車内で構成を考える
  • 帰宅後に執筆に入る

スキあれば作業を次々と進められるのは、Webライターならではのメリットです。

本業のスキルを活かせる

本業で得たスキルを活かして執筆できるメリットもあります。

たとえば、次のように活かせます。

  • 金融系に勤めておりFP2級を取得している→お金・節約についての案件に応募
  • 家電量販店で働いている→PC、Wifiに強いことを応募時にアピールする

Webライティングでその知識を深めれば、本業でも生きてきます。相乗効果も期待できるのが、Webライターの魅力です。

副業でWebライターをするデメリット

一方で副業でWebライターをする場合には、次のようなデメリットに直面することもあります。

  • 納期直前になると睡眠を削らなければならない
  • 修正依頼が重なると手が回らなくなる

副業をする上で、本業に支障が出ることは避けたいもの。デメリットを理解して、本業にも良い影響を与えられるようにしましょう!

納期直前になると睡眠時間を削らなければならない

納期直前になると、時間を削って仕事しなければならないこともあります。もちろん個人差はありますし、納期ギリギリに納品しないように受注を制限するのが前提です。

ここでお伝えしたいのは、Webライターはアフィリエイトやブログと異なり、相手のいる仕事であること。自分のペースで、仕事ができるわけではありません。

睡眠時間を短くした結果、本業での効率が悪くなったり、成績が悪くなったりすることのないように、うまくコントロールしましょう。

修正依頼が重なると手が回らなくなる

修正依頼が重なると、手が回らなくなることも考えられます。Webライターは、発注者・クライアントの求めるものを納品するのが仕事です。ゆえに修正依頼が発生することもあります。

修正回数が多くなれば、必然的に副業に費やす時間が増えます。睡眠時間を削って対応したり、次の記事に取り掛かれなかったりすることもあるのです。

もちろん修正なしでの納品が前提です。ただ、Webライティングでは修正依頼があることもあらかじめ理解しておきましょう

副業でWebライターに向いている人

メリット・デメリットを踏まえて、副業でWebライターに向いている人は、次のとおりです。

  • 本業が専門性のある仕事の人
  • 突発的な残業が少ない人

単に「Webライターに向いている人」ではなく「副業としてやる上で向いている人」として捉えていただければと思います。

本業が専門性のある仕事の人

本業が専門性のある仕事であれば、Webライターでもその専門性を活かせます。最近購入した藤原将さんの著書には、次のような記載があります。

多くのメディア運営者は「自社メディアの分野に詳しい人をライターとして迎えたい」と考えている

副業・在宅OK、未経験からはじめられる「文章起業」で月100万円稼ぐ!|藤原 将|大和出版

応募の際に「私は〇〇の経験から、□□のような記事を提供できます」とアピールすれば、採用されるチャンスも高くなります。

一度、あなたの仕事を振り返ってみてください。「自分では当たり前のことだけど、ほかの人にはタメになるかも」と感じられれば、副業でチャレンジするのもアリですよ!

突発的な残業が少ない人

突発的な残業が少ない方も、副業として行うにあたり向いているといえます。定時で終わることが多かったり、急な仕事が入らなかったりすれば、納期までに余裕をもって納品できることに。

もちろん残業が多めの職種の方であっても、次のような工夫をすればWebライターに挑戦できます。

  • 最初から数多く受注しない
  • 納期を長めに設定できるか交渉する

ほかの副業との比較

「副業」を考えている方であれば、Webライターのほかに別のお仕事も一度は考えたのではないでしょうか。

代表的な副業である

  • ブログ・アフィリエイト
  • 動画編集

と比較して、本当にあなたにWebライターが合っているのか、検証していきましょう。

なお、私は動画編集の経験もあるので参考になるかと思います!

ブログ・アフィリエイト

ブログ・アフィリエイトでは、Google AdsenseやASPに掲載されている広告素材を自分のブログに貼り、クリックや商品購入によって収益が発生します。

Webライターとの違いは、次のとおりです。

  • 相手がいないので好きなときに仕事ができる
  • 収益化が難しい
  • 大きな収入になるまで時間がかかる

すぐにまとまったお金が必要な場合には、Webライターをおすすめします。

動画編集

動画編集は、YouTube動画や企業の商品紹介動画の編集をする仕事です。カットやテロップ、アニメーションを入れます。

Webライターとの違いは、次のとおりです。

  • 単純な作業が多い
  • 編集に時間がかかる

動画編集とWebライターは、PCで作業する点や発注者・クライアントがいる点で、似通った部分が多くあります。

両方を経験した身からすると、それぞれ次のように感じます。

  • Webライターは相当頭を使う
  • 動画編集はとにかく編集に時間がかかる(私が10分程度のYouTube動画を編集したとき、iPadで編集して8時間はかかったかと記憶しています。)

向いていると分かれば、Webライターの始め方を知ろう

以上のメリット・デメリット、向いている人を参考に「自分Webライターに向いているかも!挑戦しよう」と思えたら、次のステップに進みましょう。

Webライターの始め方については、過去の記事でご紹介しています。クラウドワークスに限定しておりますが、参考になるかと思います。ぜひご覧ください。

クラウドワークスのライティングロードマップ|登録~仕事内容|初心者向けクラウドワークスでライターとして活動したい!それを叶えるためには、紹介する10つを確実に覚えましょう。超初心者に向けてわかりやすく解説します。...

おまけ|Webライターの案件の探し方

最後に、おまけで案件の探し方をご紹介します。

案件の探し方は、大きくわけて3パターン。

  • クラウドソーシングを利用する
  • 求人サイト・会社の採用ページから応募する
  • SNS経由で見つける

※なお、それぞれのメリットやデメリットは以下の記事で紹介しております。ぜひご覧ください。

現役ライター伝授|Webライターの受注方法3つ|0から1へWebライターの受注方法は、クラウドソーシング・求人サイトや会社の採用ページ・SNSの3つです。それぞれにメリット・デメリットがあるので、応募の際に把握する必要があります。現役ライターが自身の経験もふまえて解説します。...

まとめ|とりあえず始めてみるでも◎

副業は副業でも、本業と同じような熱量で取り組みたいもの。仕事である以上当然のことですよね。

Webライターは、簡単に稼げる仕事ではありません。生半可な気持ちで始めると、痛い目にあいます。

ただ「自分は向いているのかな、どうしようかな……」と一歩前に踏み出せないようであれば、一度クラウドソーシングで受注してみるのもアリです。もちろん真剣に、です。

※クラウドワークスのライター向けマニュアルをもう一度載せておきますね。

クラウドワークスのライティングロードマップ|登録~仕事内容|初心者向けクラウドワークスでライターとして活動したい!それを叶えるためには、紹介する10つを確実に覚えましょう。超初心者に向けてわかりやすく解説します。...

この記事が、あなたのお役に立てれば何よりです。